×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポーツによる経済効果

欧米株式市場の暴落につられて、日本の株式市場は25日に株価が2%下落したそうです。

その中で、元気のよかった企業がサッカーワールドカップ関連の企業です。 サッカー用品を販売している会社、靴の製造販売をしている会社が好調でした。

今日、サッカー日本代表がパラグアイに勝てば、さらに株式市場にとって良い刺激となります。 また、実際にサッカー用品も売れると思います。

ちなみに、本田さんが履いていたサッカーシューズは現在増産体制に入ったそうです。

売り文句は「無回転シュートを打てる靴」だそうです。 サッカー好きじゃなくても欲しくなりますよね。

無回転シュートとは、打ったボールが不規則な動きをしながら落ちるボールです。 原理は、野球のナックルボールと同じです。 キーパーにとってすれば、無回転シュートは揺れながら落ちるボールなので取りにくいのです。

日本代表が勝ってくれれば、経済の好影響だけでなく、日本人の心理面でも自信をもてるという意味で良い影響があります。 日本代表にはぜひ勝って欲しいので、パラグアイ戦も、がんばって応援しますよ。

今、スポーツ用品でよく売れているのは、テニスラケットだと思います。 昨年、全米オープンテニスで決勝戦まで錦織選手がトーナメントを勝ち上がりました。 日本人初の快挙です。優勝こそできませんでしたが、準優勝でも凄い立派です。

日本人スポーツ選手やアスリートが活躍することでスポーツ用品市場は活況を呈します。 スポーツ用品が売れれば販売会社の売り上げが伸びるので、株価も必然的に上昇します。

つまり、日本経済にも役に立っています。